2014年10月24日

PythonでFBX SDKを使う

おっぱいネタだけだと残念すぎるのでFBX SDKのPythonを使ってみます。
AutodeskのサイトからFBXSDKのPythonBindingのインストーラをダウンロードします。
インストーラを実行しただけだとPythonで使えないので、FBXSDKのオンラインヘルプに書いてあるようにファイルをPythonのsite-packages直下にコピーします。(fbx.pyd、FbxCommon.py、fbxsip.pyd)
Pythonを実行して
from fbx import *
↑でエラーが出なければインストール成功です。たぶん。

使い方は、FbxManagerとFbxSceneを作って
manager = FbxManager.Create()
scene = FbxScene.Create(manager, "MyScene")

FbxImporterを使ってFBXファイルを開いたり
FbxSceneを使ってシーンを修正したり
FbxExporterを使ってFBXファイルに書き出したり

最後に
manager.Destroy()
↑でFbxManagerを破棄します。これを破棄すればすべてのオブジェクトが破棄されるみたいです。

FBX読み込みのサンプルを作ったのでアップしておきます。(要PyQt)
FBXTest.zip

PythonでFBXファイル弄れたからってどうなのよ?って感じだけど、このあいだ2013以降のバージョンじゃないと開けないファイルを受け取ったことがあって(コンバータでバージョン変換しても開けない。MBが落ちる)、その時にこれ知ってたら良かったのになぁと思ったので。
ちなみに開けなかった原因はNurbsカーブが入っていたからでした。
posted by ika336 at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

新しいPythonのブログを作りました

最初ね、ブログのタイトルを「揉んでPython」にしようかどうか悩んだけど、語呂はいいんだけどなんか卑猥な感じなんで「お疲れPython」にしました。略しておっパイです。

はい、これ書きたいがためにわざわざ新しいブログを作りました。なので今後の更新があるか微妙な感じです。

お疲れー
posted by ika336 at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。